店舗・ATM JFマリンネット
バンク
ログイン

東日本信漁連とは

JFマリンバンクとは、貯金やローンなど信用事業を行う全国の漁協・水産加工協・信漁連・農林中央金庫で構成するグループの総称です。
東日本信漁連は会員および組合員などの地域利用者の皆さまを中心に貯金、融資などの金融業務を行っています。

組織概要

名称 東日本信漁連
正式名称 東日本信用漁業協同組合連合会
根拠法 水産業協同組合法
経営管理委員会会長 平島 孝一郎
代表理事理事長 関 義文
所在地(郵便番号) 〒260-0021
所在地(住所) 千葉県千葉市中央区新宿2-3-8
所在地(TEL) 043-242-5261
所在地(FAX) 043-242-5656
設立 2021年4月1日
出資金 214億円
自己資本比率 12.23%
会員数(正会員) 正会員:326名
会員数(准会員) 准会員:48名
役職員数 経営管理委員:12名 監事:4名
理事長:1名 専務:2名 常務:9名
執行役員:4名 職員:677名(受入出向職員含む)
店舗 本店:1 支店:26 営業店:51
代理店:35 出張店:28
ATM等:135

※2022年4月1日時点

会長挨拶

経営管理委員会会長 平島 孝一郎

・漁業者の皆さまには、平素よりJFマリンバンクをお引き立ていただき、厚くお礼申し上げます。

・当会は令和3年4月に広域信漁連東日本ブロック11都県域(青森・岩手・茨城・千葉・東京・新潟・富山・石川・福井・静岡・三重)の合併により設立し、令和4年4月には愛知県信漁連が合流し、当初想定した12都県域体制が完了しました。

・新しい組織では、特に重複する業務の効率化を通じ、役職員が浜(漁村)に出向く体制を構築・強化することにより、皆様の資金ニーズや課題を本支店一体となって対応するとともに、漁業者所得の向上、地域振興にも取り組んで参ります。

・とりまく漁業情勢、金融情勢ともに厳しい中での船出となりますが、12都県それぞれが有する財務、人材、ノウハウ等を相互に利活用することにより、経営の安定化を図りつつ、漁業者に寄り添い、信頼される信漁連を目指して取り組んで参る所存ですので、一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

経営理念

東日本地区12の信漁連は、協同の精神に則り、県域を越えて結集することにより、経営基盤・財務基盤を強固なものとし、ひいては漁業金融機能の一層の強化と持続可能なビジネスモデルを確立することをもって、わが国の漁業と地域の発展にさらなる役割を発揮してまいります。

社会的責任と貢献活動

東日本信漁連では、協同組合原則を理念とする公共性の強い金融機関として、漁業生産金融に特化した事業内容を基本に金融業務活動を通じて、出資団体である漁協とその組合員の経済的・社会的地位の向上、水産業の振興と地域の活性化及び地域経済の発展に貢献していくことが、社会的責任を果たすことであると認識し、法令等を遵守した自己責任原則に基づく健全な業務運営を行っております

ディスクロージャー

2022年3月
ディスクロージャー

お問い合わせやお申込みはこちら

お近くの店舗を探す

よくあるご質問

関連情報

  • はじめてのお客さま

    JFマリンバンクについて、より理解を深めていただけるコンテンツや、お取り扱いしているサービスをご紹介しています。

  • 店舗・ATM

    各店舗とATMのご案内です。住所、電話番号、営業日、ご利用時間などを掲載しています。

  • よくあるご質問

    皆さまから多くいただくお問い合わせは、よくあるご質問にまとめました。